読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

<となりのトトロ>15回目の放送も14.2%の好視聴率

となりのトトロ>15回目の放送も14.2%の好視聴率
 
宮崎駿監督が手がけた名作アニメ「となりのトトロ」が4日、日本テレビ系の「金曜ロードSHOW!」で放送され、平均視聴率が14.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録したことが7日、分かった。通算15回目の放送となったが、根強い人気を集めた。

となりのトトロ」はスタジオジブリが製作し、1988年に公開された劇場版アニメ。高度経済成長期以前の緑豊かな日本の田舎を舞台に、しっかり者の姉サツキと甘えん坊の妹メイが、不思議な生き物、トトロと交流する様子を描いている。「キネマ旬報」の88年度日本映画ベストテンで1位になったほか、同年の毎日映画コンクール日本映画大賞にも輝いた。
今回が15回目の放送で、視聴率が最高だったのは1990年3月30日の23.2%。前回の2014年7月の放送では平均視聴率19.4%を記録した。「金曜ロードSHOW!」では「3週連続 秋のジブリ」と題して、4日の「となりのトトロ」のほか、11日に「紅の豚」、18日に「猫の恩返し」を放送する。

 

天空の城ラピュタ』に続いて宮崎駿が監督はもちろん脚本・原作も手掛けた同作は、昭和30年代の懐かしい風景を舞台に、古い民家に引っ越してきたばかりのサツキとメイの2人の姉妹が森でトトロという不思議な“いきもの”と出会い、そして姉妹の冒険が始めるという物語で、ジブリアニメを代表するキャラクターとなった“トトロ”やネコバス、マックロクロスケたちの愛きょう溢れるキャラクター性と、懐かしさあふれる情景描写が世代を超えて愛され、TV放送では毎回高視聴率をマーク、トトロをはじめとした登場キャラクターのグッズも大人気と、未だに人気の衰えない作品である。
小学6年生の女の子・サツキは入院中のおかあさんに空気のキレイな土地で静養してもらうため、妹のメイとおとうさんと一緒に田舎にある、大きなクスノキの近くに建っている古い家に引っ越してくる。到着早々メイは家に隠れていた小さくて真っ黒なオバケ“マックロクロスケ”を発見。ちょっと不思議な出会いにドキドキする2人。
そして田植え休みも終わり新生活が始まったある日、庭で遊んでいたメイの前に2匹の奇妙ないきものが。2匹を追いかけてクスノキの根元に転がり落ちたメイは、そこで巨大ないきもの=“トトロ”と出会う。話を聞いたサツキは自分もトトロに会いに行こうとするがメイが通ったはずの根元の穴はなくなっていた…というおはなし。
声の出演はサツキに日高のり子。メイに坂本千夏。とうさんに糸井重里。糸井さんは公開当時のキャッチコピーも手がけている。かあさんには『風の谷のナウシカ』他ジブリ作品に数多く出演している島本須美ら。