読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乃木坂46新曲が初ミリオン!AKB以外で9年ぶり

乃木坂46新曲が初ミリオン!AKB以外で9年ぶり
 
乃木坂46の最新シングル「サヨナラの意味」が、発売初日の9日、出荷枚数が101・3万枚となり、初めて100万枚を突破したことが分かった。

来月、日本レコード協会にミリオン認定される。AKB48以外のアーティストのシングルがミリオン認定されるのは、秋山雅史の「千の風になって」(06年5月発売、07年8月ミリオン認定)以来、9年4カ月ぶり。

同曲は乃木坂46の16枚目シングル。出会いと別れを描いた切ないラブソングだ。来年2月をめどにグループからの卒業と芸能界引退を発表している橋本奈々未(23)にとってラストシングルで、初めてセンターポジションを務めている。この日発表のオリコンシングルデーリーランキングでは、68・3万枚で1位。今後数字を伸ばし、100万枚に近づくとみられる。