読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「紅の豚」放送11回目でも13・2%!宮崎アニメ根強い人気

紅の豚」放送11回目でも13・2%!宮崎アニメ根強い人気
 
スタジオジブリの長編アニメ映画「紅の豚」が11日に日本テレビ「金曜ロードSHOW!」(後9・00~10・54)で放送され、平均視聴率は13・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが14日、分かった。
 

地上波11回目のオンエアだったが、根強い人気を示した。前回10回目は2013年9月6日で、16・0%。巨匠・宮崎駿監督(75)の引退表明を受け、急きょ予定を変更して編成された。過去最高は1993年10月15日(初回)の20・9%。
世界恐慌時の伊アドリア海を舞台に、真っ赤な飛行艇を操る豚の姿をした賞金稼ぎポルコ・ロッソ(森山周一郎)の夢とロマンを描く名作。92年に劇場公開され、興行収入は約48億円、観客動員数は約304万人を記録した。
「3週連続 秋のジブリ」の第2週で、4日の第1週「となりのトトロ」(88年)も14・2%の高視聴率。18日の第3週は「猫の恩返し」(02年)が放送される。