読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉岡里帆『週プレ』で最新グラビア ナチュラルな表情&キュートな変顔披露

吉岡里帆『週プレ』で最新グラビア ナチュラルな表情&キュートな変顔披露
 
 
 
 

女優の吉岡里帆(23)が、14日発売の『週刊プレイボーイ』48号(集英社)の表紙と巻頭グラビアに登場。話題のドラマやCMに出演し、2016年に最も快進撃を遂げたと評価される旬の人気女優が、リラックスしたナチュラルな表情を見せている。

朝ドラ『あさが来た』で主人公・あさを支える田村宜を演じて注目を集めた吉岡。その後、『ゆとりですがなにか』『死幣-DEATH CASH-』『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』と立て続けにドラマに出演するほか、ブレイクの登竜門といわれる結婚情報誌『ゼクシィ』のCMガールにも抜てきされるなど、大きな飛躍を遂げている。

ブレイク前から度々登場し、昨年2月発売号では「必ずブレイクする女優」と命名するなど、吉岡にとって縁の深い『週プレ』での久しぶりのグラビアのテーマは、「女優としての様々な顔」。カメラマンには女性ファッション誌などで活躍中の三瓶康友氏を起用し、吉岡の“見る人を和やかにする雰囲気”を収録した。また、「撮影中に自然にやったら、使っていただいていました(笑)」というキュートな変顔も掲載される。

吉岡は「『部屋でくつろいでいるような雰囲気で』という設定をいただいていたので、今まで以上にリラックスして臨めた撮影でした。カメラマンさんからは『猫っぽい犬の気持ちで』『世にも奇妙な物語の世界観で』なんていう変わった指示もたくさん飛んできて、終始笑っていた気がします」と感想を語っている。今回の未公開写真は、同誌の公式グラビアサイト『週プレnet EX』で14日から配信される。

なお同号にはそのほか、モデルで女優の馬場ふみか佐藤美希、女優の大沢ひかる田中道子が登場し、AKB48の“神”水着も掲載される。